2016年新院名・新院長にてリニューアル
TEL:086-222-4507

岡山県岡山市北区中山下2丁目2-74

  • 診療内容
  • 痔核

痔核

痔核(いぼ痔)とは

痔核とは、通常「いぼ痔」とか「脱肛」などと呼ばれており、肛門の血行が悪くなり、毛細血管の一部がうっ血してこぶ状になったものです。形状がいぼに似ているためこの名前がついています。痔核は肛門科領域でもっとも多い疾患で、一般に「痔」というとこの痔核のことを指します。直腸と肛門の境界より内側にできたものを「内痔核」、外側にできたものを「外痔核」といいます。
内痔核は元々は肛門内にありますが、病状が悪化すると肛門外に脱出するようになります。

内痔核

内痔核

外痔核

外痔核

痔核(いぼ痔)の原因

  • 便秘で長時間いきむ習慣がある人、力仕事の人、長時間座る仕事の人などに痔核は起こりやすくなります。
  • 年をとると肛門の支持組織が弱くなり、痔核が肛門外に脱出しやすくなります。
  • お酒、からしや胡椒などの刺激物などのとりすぎは、出血や腫れをひどくさせます。
  • 女性は、妊娠、出産が症状を悪化させることがあります。

痔核(いぼ痔)の症状

痔核の主な症状は「脱出」と「出血」です。排便時に血がたれたり、血が飛び散るなどの症状があります。痔核が進行して大きく脱出するようになると、痛みが生じることもあります。内痔核の場合、初期の段階では痛みがないために出血や痔核が肛門から出てしまうことで初めて気づくことが多く、外痔核の場合は血栓(血の固まり)を形成すると、強い痛みを伴うことがあります。

痔核(いぼ痔)の治療

出血や痛みの方

保存的治療を中心に、肛門を清潔にして温め、便秘や下痢にならないように便通を整えます。食事療法だけでは便通が整わない場合には、整腸剤や緩下剤を服用します。それに加えて、坐薬や軟膏を使用し、症状に応じて鎮痛剤や抗炎症剤を服用します。

脱肛の方

いぼ痔が肛門から脱出して自然には戻らない状態を「脱肛」と呼びます。一般的に脱肛の治療には手術が必要です。ただし痔は良性の疾患であるため手術の適応は、患者さんが脱肛を治したいかどうかで決めることになります。

痔核(いぼ痔)の手術

当院では痔核に対しては患者さんのご希望と病状に応じ、以下の手術を使い分けています。 入院手術の場合、通常入院期間は4~7日程度です。

1)痔核結さつ切除術(ミリガン-モルガン法)
出血しないよう痔核の根元を糸で結んだ上で、痔核組織を切除します。切除した傷は術後に溶ける吸収糸で縫って閉じます。最も再発の少ない痔核の手術とされています。 あらゆるタイプの痔核に対応できる手術法ですが、切除範囲が広すぎると肛門が狭くなることがあり、専門の知識・経験・センスが必要です。切除範囲が少なければ日帰り手術でも可能です。
2)ALTA(ジオン)硬化療法
ジオン(ALTA)という注射を内痔核周囲に4箇所注射し内痔核を固めてしまう治療法です。日本大腸肛門病学会の指定する四段階注射法の講習会を受けた医師だけが行うことのできる治療法です。肛門の外側にある外痔核に対しては痛みが強くなるため通常使えません。通常日帰り手術で行います。
3)ALTA(ジオン)硬化療法+痔核結さつ切除術
近年急速に普及しつつある新しい治療法です。2つのパターンがあります。
a)外痔核と内痔核両方がある場合、ジオンが使えない外痔核は手術で切除し、奥の内痔核をジオンで固めるパターン
b)内痔核がたくさんある場合、大きな内痔核は結さつ切除術を行い、その周囲の小さな内痔核はジオンで固めるパターン

結さつ切除術とALTA硬化療法のそれぞれ良い点を利用し併用したハイブリッド手術といえます。この手術法により、従来入院手術が必要とされていた進行した痔核に対しても、日帰り手術が可能となる例が増えました。
4)ゴム輪結さつ法
内痔核の根元に専用の道具でゴム輪をかけて、内痔核の血流を無くして、痔核組織を自然に脱落させるという治療法です。外痔核に対しては痛みが強くなるため使えません。
「痔核の手術は再発するのか?」とよく聞かれます。
痔核の手術は、手術時にこぶ状に腫れている部分のみ処置を行います。手術時に腫れていない血管は通常処置はしません。手術後に便秘や下痢、長時間の排便などのおしりに負担のかかる生活習慣を続けていると、手術時には腫れていなかった血管が、その後の時間の経過とともに痔核になってしまうことはあり得ます。 手術したからと言って油断せず、おしりに負担の少ない生活習慣を心がけることが大切と思われます。
ページトップへ