2016年新院名・新院長にてリニューアル
TEL:086-222-4507

岡山県岡山市北区中山下2丁目2-74

  • 診療内容
  • 便失禁

便失禁

便失禁とは

便失禁とは、無意識のうちに便がもれる病態、排ガスや排便を十分にコントロールできない状態のことです。そのコントロールできない程度としては、ガスが少しもれる程度の軽症のものから、軟便や固形便が漏れてしまう重症なものまで様々です。肛門括約筋のゆるみによりトイレに間に合わない、強い便秘により便が詰まり、便秘と下痢を引き起こす、ガスと一緒にもれる、痔による痛みや肛門周辺の汚染によりもれるなど、身体機能の問題からくるものと、ストレスなどによる緊張で便意をもよおす、知らないうちに出てしまうものがあります。

女性の写真

症状・原因

直腸機能(便をためておく機能)と肛門機能(便を出す機能)は、互いに協調しあって機能していますが、それらのうち、片方あるいは両方がうまく働かないと、便失禁が起こります。
肛門括約筋という筋肉がありますが、長年にわたる排便時の過剰なないきみの結果により、この筋肉がゆるくなり、神経も長期間の緊張と弛緩の繰り返しにより障害を生じることがあります。
出産の際に肛門括約筋が傷付くと、高齢になって肛門括約筋が弱くなりやすく便失禁を引き起こします。神経の障害は出産後すぐに分かる場合もありますが、高齢になるまで症状がでない場合もあります。けがが原因になることもあります。
肛門や肛門周囲組織に対し手術をしたことも原因になりえます。肛門周囲の組織にばい菌がはいり、感染症が起こった場合も肛門括約筋が傷付くことがあります。

検査治療

ガスがもれたり、下着の汚れの段階であれば、食事の注意(刺激物)や便通のコントロールで社会生活が維持できます。
しかし、硬い便も失禁するような場合は手術での治療が必要となりますので、便失禁の状態を問診表で確認した上で肛門内圧測定などの検査により治療方針を決めていきます。
薬物療法や家庭で簡単にできる肛門括約筋をきたえる体操で症状が改善されるケースも少なくありませんが、括約筋の障害の程度(特に出産などによる会陰裂傷の場合)によっては手術が有効な場合もあります。

主な手術法としては以下のものがあります。

1)肛門括約筋形成術
出産時の会陰裂傷により肛門括約筋が裂けて便失禁になった方に行います。
2)仙骨神経刺激療法
便漏れに対し、仙骨神経を刺激するペースメーカのような装置を腰に埋め込む最新の治療法です。
日本における便失禁治療の第一人者である東京山手メディカルセンターの山名哲郎先生のもと、多数の経験を積んできました。
刺激するリード線の埋め込みは全身麻酔が必要となるため、認定施設である川崎医科大学附属病院消化器外科等と連携して治療を行います。
ページトップへ