2016年新院名・新院長にてリニューアル
TEL:086-222-4507

岡山県岡山市北区中山下2丁目2-74

  • 診療内容
  • 直腸脱

直腸脱

直腸脱とは

肛門の周りで「肛門のしまり」を調整している肛門括約筋などの機能が低下し、肛門の少し奥に入り込んだところにある直腸が肛門外へ飛び出してくる状態のことを直腸脱といいます。直腸を支える支持組織と肛門括約筋が加齢や妊娠・出産で弱くなることや、いくつかの因子が絡み合い骨盤底と直腸が正しく固定されなくなり、本来あるべき位置から下がって発生します。痔核(いぼ痔)は直腸脱と間違えられやすい疾患ですが、いぼ痔は粘膜の一部が脱出したものです。また、女性の場合、直腸脱だと思っていても、実は子宮が膣から脱出する子宮脱や膀胱脱である場合もあります。

直腸脱は症状の程度が人によって異なりますが、高齢の女性に多く、ひどくなると直腸が垂れ下がり、10cm以上肛門から飛び出すことがあります。 直腸が飛び出すことで便漏れや排便障害などの症状を抱え、生活しづらくなっていくことがあります。しかし恥ずかしさから受診ができず、一人で悩んでいる方もいらっしゃいます。肛門科専門医は常に同じような症状に悩み方々からの相談を受けておりますので、安心して早めにご相談ください。

シニア女性

直腸脱の症状

直腸脱のもっとも代表的な症状は、排便時に強くいきんだときなどに、肛門から直腸が脱出するものです。
排便時の違和感や粘液による下着の汚れや血液の付着、便秘や残便感などのいわゆる排便障害、肛門の閉塞感、肛門痛、湿疹かゆみなども併発します。早い段階では、いきむのをやめたり、指で押し戻すと直腸の脱出がなおります。さらに症状が進行すると、歩行時にも脱出がみられたり、便失禁や排便困難などを伴うようになります。
手で戻すことが難しくなり、直腸が大きく腫れて戻らなくなった状態を「かんとん直腸脱」と言い強い痛みを伴い、下着にこすれて出血することもあります。直腸脱の症状が見られたら、なるべく早めに専門医に相談しましょう。

治療・手術

肛門括約筋の収縮力の低下などを確認するため、肛門内圧検査・排便造影検査のほか、大腸がんを見分けるために大腸内視鏡検査などを行い、患者様の年齢や体力、既往症などにより治療法を決めていきますが、脱出しないようにするためには、多くの場合手術が必要となります。
直腸脱の手術は、肛門側から行う手術と、おなか側から行う手術があります。
それぞれ麻酔の方法や入院期間なども異なってきます。一般的におなかから直腸をひっぱり上げて固定する術式の方が再発率は低いと言われています。

ページトップへ