2016年新院名・新院長にてリニューアル
TEL:086-222-4507

岡山県岡山市北区中山下2丁目2-74

  • 診療内容
  • 大腸がん健診

大腸がん健診

検便(便潜血反応)について

大腸がんは、早期の段階で発見できれば、高い確率で治せる病気ですが早期の段階では症状を自覚することがほとんどないため、発見が遅れることがあります。日本の女性のがんの死因では大腸がんがトップです。大腸がんになる人が増え始める40歳を過ぎたら、便の中に出血が混じっていないか調べる検便(便潜血反応)による大腸がん検診を年に1度受けることが勧められています。「もしかしたら」という意識をもってぜひ検診の受診をお勧めいたします。

トイレの写真

ただし、検診の結果が100%正しいとは言い切れません。大腸がんではなくても陽性という結果が出る「偽陽性」、結果は陰性でも、大腸がんが見逃されている「偽陰性」の場合もあります。そのため、毎年大腸がん検診を受けることが勧められています。便潜血陽性と診断された場合、通常大腸内視鏡による検査が必要とされます。 おくむら大腸肛門クリニックでも大腸内視鏡による大腸がん検診を行っております。
内視鏡による検診のメリットは、便潜血検査では見逃されてしまうような小さな病変やポリープも、視認して発見できます。ポリープを発見した場合は、大きさにもよりますが、発見した時点で取り除くことも可能です。

ページトップへ