2016年新院名・新院長にてリニューアル
TEL:086-222-4507

岡山県岡山市北区中山下2丁目2-74

  • クリニック概要

クリニック概要

奥村外科肛門科は1973年、岡山市初の肛門科の専門医院として前院長奥村周三が開業して以来、約33000人の手術を行っています。地域に密着した医療のみならず、患者さんは口コミで北海道から沖縄まで全国から来院されています。2016年より新院長に奥村英雄が就任し、5月から大腸と肛門外科に特化したクリニックとして、病院名を「おくむら大腸肛門クリニック」に変更しました。

地図の写真

患者様が当院をお選びいただいている主な理由

  1. 日本大腸肛門病学会・日本消化器外科学会・日本外科学会すべての専門医・指導医の資格を持ち、また肛門科専門病院での勤務経歴を有している医師が診察を担当しています。
  2. 最新の大腸内視鏡検査を導入しており、検査当日のポリープ切除も可能です。
    肛門の診察と大腸内視鏡が同時に診られるため、患者様の時間的金銭的負担が軽くて済みます。 (内科で大腸内視鏡をして、痔核があれば、改めて肛門科を受診しなくてはなりません)
  3. 痔核根治術や痔ろう根治術、裂肛根治術などを患者様のご希望に応じて、日帰り手術と入院手術の両方で行っております。
    手術については十分な説明を行い、納得していただいた上で決定しています。入院の場合でも、入院期間は通常4-7日程度です。
  4. 痔ろうの詳細な診断に直腸肛門部のMRI検査を行うことが可能です。
    痔ろうの手術は再発のリスクが高く、術前の詳細な診断が大切です。直腸肛門部のMRI検査は特に複雑痔ろうの診断・治療に非常に有効とされており、当院では近隣の川崎病院と連携して行っています。検査予約は当院から可能です。
おくむら大腸肛門クリニック
住所 〒700-0821 岡山県岡山市北区中山下2丁目2-74
電話番号 086-222-4507
診療時間 月‐土曜   午前 9時‐12時 午後 4時‐6時
休診 日曜、祝祭日、木曜日午後
専門医師 2名
看護師 7名
ページトップへ